宝くじが当たる手相の特徴について

宝くじが当たる人は金運が良いと言われます。
そして、金運が良い人の手には共通した特徴があります。
その特徴の一つが、肉厚で柔らかい手の持ち主だという事です。
これは、多くの占い師が社長や財を成している人の手を見る度に感じる事だそうで、手相で金運を占う際は、財運線・太陽線・運命線の3本で判断します。

財運線は金運線とも呼ばれ、金運を占う上で重要な線です。

この線は小指の付け根付近に刻まれる縦線で、明確な線は金銭的に余裕がある人に多いと言われていますが、複数の細い線の場合は散財の傾向があるとみられています。

また、長さや何処から生じているか、などからも判断されます。
次に、太陽線は薬指の付け根付近に伸びる線を言い、この線は大金持ちや有名人になったり、成功運が高い人に出ます。

そして、この線のある人はお金を生み出す能力が高いと考えられます。
一生懸命堅実に働いて富を得る人、膨大な財を一代で築く才能がある人など成功する運を持っている人に多いのです。

最後に運命線は手のひらを中心にあり、手首付近から中指の下に向かって伸びる縦線です。
これは努力や、やる気の強さで運を切り開く能力のある人に現れる線であり、結婚や仕事など転機の時期を知る事が出来る線でもあります。

財産を蓄える能力を表す財運線、成功運を表す太陽線、運を切り開く運命線が綺麗に揃えば、金運の強い手相と言えます。

しかし、これらの線が出ていない場合でも努力次第で手相は変わりますし、運勢も変わると言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ