宝くじの当たり券はきちんと引き換えてますか

高額当選したら何を買おうか、どこへ行こうか当選を夢見てあれこれ想像するのはとても楽しいものがあります。
宝くじは、気が向いた時に気が向いた場所で買う人もいれば、決まった場所で買い続ける人もいます。
よく当たると評判の場所は売り出し初日や大安吉日の日には、長蛇の列になることもしばしばあります。

では、宝くじを購入して当選発表の日に、自分で新聞などで当選確認をする場合、10枚買ったら必ず当たる末等は当選という意識が少ないものです。
もちろん1等や高額当選すれば、すぐに換金のことを考えるでしょう。

せっかく買った宝くじですので、例え末等しか当たらなくても当たり券は必ず期間内に引き換えに行きましょう。
期間を過ぎてしまうと、当選金は主催側に戻ってしまいます。

また、換金場所は当選金額によって変わってきます。
1万円以下ですとどの売り場でも換金可能になりますが、「5万円以下の当選金が換金できます」と書かれた看板がある所もあります。

それ以上の金額になると、銀行へ行き、住所、氏名、電話番号を記入しなければなりません。
更に50万円以上の高額当選になると、パスポートなどの身分証明書や印鑑も必要になってきます。

更に100万円以上になると、くじの鑑定作業から始まり実際受け取れるまで4、5日かかります。
ロト6なども、基本的には同じ手順で換金します。

また、どんなに高額を手にしても税金がかからないため、確定申告は必要ありません。
素晴らしいことに、当たった金額がそっくり手元に入るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ