宝くじの、一枚あたりの最高当選額は、くじ一枚の単価によって上限が決まる

宝くじの最高当選額というのは、時代と共に変わっていっています。
たとえば、以前までは一枚あたりの金額の20万倍までという風に決まっていましたが、たとえば、一枚100円のくじがあったとしたら、当選金額の上限というのは2000万円だったのです。

300円のくじであれば6000万ということになります。
そして、この金額に前後賞を加えて、合計で一億円を超えるという様に表現をしていました。

前後賞というのは、宝くじの一等の当選番号から一つ前後にずれた場合のものを言い、宝くじを購入する場合、バラと言って、組は一緒ではなく、番号もまったく離れているものをまとめて買うというやり方と、組は一緒で番号がつながっているものをまとめて買うという方法があります。

後者の買い方をすれば、一等が当たった場合、その前後の番号のくじも購入している可能性が高いということになりますが、最近になって、大臣が指定することで、くじ一枚の販売金額の250万倍までの当選金額の設定が可能になったので、バラで買った場合でも、そのうちの一枚が一等に当選していれば、一億円以上の当選金額を受け取るということが可能になりました。

もし、出来るだけ高額の当選を狙いたいという場合は、くじ一枚の単価が高いくじを購入するようにすると良いということになるので、数字選択式のくじの場合は、くじ一枚の単価の500万倍が当選金額の上限となる事から、こちらを選んでもいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:宝くじ

このページの先頭へ