初めてでも分かる外国株の購入方法

海外の企業の株を買いたい時には、どの様にすれば良いか知っていますか。
初心者だけではなく、日本の株取引に慣れている人でも、外国株を購入する事には慣れていないという人は多いでしょう。
しかし、日本で有名な海外の企業は沢山あります。
アップル社やフェイスブックをはじめ、Googleやインテル等のIT関係の株は人気があり、これらの株取引を行うために外国株取引の口座を作る人もいます。

海外の企業との株取引で気になる点は、まず外国語での取引なのではという心配がありますが、ネット証券では日本語となりますから安心です。
しかし、全てのネット証券で外国株の取引が行えるわけではありません。

米国株や中国株というように、国ごとに株取引の口座が必要になります。
海外の企業の株を扱うネット証券会社の中で、マネックス証券は米国株の取扱い銘柄数が抜群に多いです。

楽天証券では、米国の他に中国株の取引を行う事が出来、SBI証券では米国と中国に加えて韓国株やベトナム株、ロシア株など多くの国の株取引が可能になっています。

こうした株取引に関わる口座開設費や口座維持費は無料なので、日本の株取引と同じく安心です。
言葉の響きや海外との取引と思うだけで難しく感じてしまいがちですが、日本の株取引に慣れている方なら問題なく行えるでしょう。

初心者の方は少し日本の株取引で経験を積んでから、海外企業との株の取引へ挑戦してみましょう。

いずれ海外企業との取引をする事を想定し、まずはネット証券の口座開設の検討や資料請求などをしてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ