株式投資を学習する学校には通学式と通信式があります

株式投資の学校の中には、通学式と通信式を採用しているところがあります。
通学式の「あたらしい株の学校」では、トレード技術士というスクールの認定試験を設置しており、これは利益だけを追求するのではなく、再現性の利く実力を備えているかを客観的に判断する試験です。
まずは無料体験レッスンを勧めており、内容としては、チャートの実践的な読み取り方や勝つことと利益を出すことの決定的な違い、翌日から実行出来るリスクヘッジの方法などを2時間半に渡って講義します。

また、東京八重洲・渋谷・新宿の各教室は駅から徒歩5分圏内にあるので、東京近郊の方にとっては通学が苦になりません。
自宅受講・教室受講の両コースを用意している「ファイナンシャルアカデミー」は受講者の9割が初心者で、5割が女性という安心の学校です。

講義の申込みと同時に、学習用テキストと自宅学習用のDVDが送付されることで、授業の開講日より前に学習をすることが可能なシステムとなっています。

受講開始から2年間のアフターフォローがあり、授業内容などの質問を定期的に開催される質問会に参加出来る上、申し込んだ授業も2年間無料で再受講することが可能です。

自宅受講コースでは、自宅学習用のDVDとテキスト、平日に行われる授業の動画配信システムを利用し、教室受講コースでは、自宅学習用の教材は同様で、東京と大阪にある教室へ通学するコースとなります。

このように、株式投資に関する学校には様々なタイプがありますが、居住地域などを考慮して通学式か通信式かを選択し。投資の成功を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ