株式投資などで損失額より利益額を増やすために

投資は、上手に行えば利益を得られる方法です。
副業として投資を行っている人は大勢います。
しかし、全ての投資家が利益を得られているわけではなく、損失を生じさせている人も多く存在します。
株式投資など、常に利益を上げ続けることは難しいですが、利益額が損失額よりも多ければ、その人は投資に成功していると言えるでしょう。

そのような投資家になるためにはリスク管理がとても大切で、株式投資を長年行って利益を得ている人々は、投資の姿勢がとても慎重です。
だからこそ、投資の世界で生き残ってこれたのです。

このような人々のリスク管理を学びましょう。
株式投資ならば、銘柄の名前を見てどういった業種なのか分からないものは避けるべきです。
それは、銘柄についての知識がないことを意味します。

デイトレードのように、一日の中で何回も銘柄のトレードを繰り返すような人ならば、話題になっている銘柄の売買を行いたいと考えるものですが、短期的なトレードを行うのであれば、含み損が生じた場合にどのように対処するのかを決めるのがお勧めです。

ただ単に、値動きにつられてトレードをすれば、失敗する可能性が高まります。
新規注文と決済の決め方に理由があれば、失敗しないで済むのです。

あらかじめ、リスク管理に基づいてトレードのルールを決めましょう。
そして、それを必ず守ってトレードを行います。

一回位良いだろうとルールを破って成功しても、いつか大きな失敗をする可能性があるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:株投資

このページの先頭へ