有価証券報告書の英訳サービスを提供する企業について

企業のグローバル化が進んで来ているとともに、日本の株式市場においても外国人投資家が多く参加しています。
そこで、投資家が個別企業に対する投資判断を行う時に、重要な材料となる有価証券報告書などのデータを英訳し、外国人投資家に向けても積極的な情報発信を行うことが求められているのが現状です。
しかしながら、専門性の高い財務系の翻訳が出来る人材は不足しているため、自社だけでは英訳が困難な時に有価証券報告書などの書類を英文化するサービスを提供している企業がいくつかあります。

株式会社ジェネラルソリューションズは1982年に設立されたIR支援作業を行う企業で、その中で財務翻訳業務にも取り組んでいます。

常に投資家の視点を持ってクライアントと接することで、的確なIR情報の創造と発信を行なっていくという目標をもってサービスを提供しており、IRの事業化に成功しています。

2006年にジェネラルソリューションズとプロネクサスの合弁会社として設立され、2013年にはプロネクサスの完全子会社となった日本財務翻訳株式会社は日英バイリンガルでの情報開示を行なっている企業です。

バイリンガル・ディスクロージャーの追求という経営理念のもと、日本の全ての上場企業が英文で情報開示を行う社会を目指して活動しています。

有限会社KHN Associatesは、1995年に創業した様々なビジネスの専門性の高い文書の他言語化の実績を持つ企業で、英語の他に30種以上の言語を取り扱っているのが特徴です。

このように、有価証券報告書などの書類の英訳のニーズに応える企業では、書類の英文化だけでなく様々なサービスやサポートを提供しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ