景気の変動と、有価証券の評価の移ろい

新しい政権の効果により、経済がやや上向き加減になりました。
これにより、人々の間で変化したことは、ただ銀行預金していたお金を投資に充て始めたということです。
しかし、なぜ投資に向かうかという単純な理由を皆さんは説明できるでしょうか。

お金を増やしたい、もちろんそれも純粋な理由ですが、それは人の心の問題であり、経済から見た理由を申し上げますと、経済が上向きになれば銀行預金の金利より、有価証券の配当の方が大きな利益を受けることができるからです。

経済が回ると、配当が上昇することに伴いリスクもやや下がるので、全体的に有価証券の評価というものが上がってきます。
このようにして、人びとの思考は投資に転じますが、景気が低迷していた数年前の日本では、有価証券の評価も総じて低く、価格も低いものでした。

したがって、人びとのお金は銀行に預金するだけなので、お金の動きがなく、経済はますます停滞していくスパイラルに陥ります。
こうして、投資に転じたということは、このスパイラルからの脱却を意味し、大きな意味を持っています。

ぜひみなさんもこの有価証券の評価が見直された今だからこそ、投資というものを検討してみましょう。
ご自身の財布の中身が増えるという意味合いの他にも、日本の景気全体の活性化に貢献しているという大きな意義がそこには含まれています。

この政権の政策効果がいつまで持続するかはわかりませんが、少しでも長く続くように、日本全体を大きなプラスのスパイラルへと向かわせるためにも投資に目を向けていただきたいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ