有価証券の種類について学びましょう

有価証券の種類としては、売買目的有価証券、満期保有目的債券、子会社関連会社株式、その他有価証券の4種類があります。
まず、売買目的有価証券は、高い値段で売却することによって利益を上げる目的の有価証券のことで、安い値段である有価証券を購入して、高い値段になったところで売却すると利益を上げることが出来るものです。

企業は、売買を行うことによって利益を上げようとしますが、またそれとは逆に損失となる場合もあります。
この売買目的有価証券は、短期に売買行為を行っている最中で、まだ売却されることなく企業に残っている証券のことを指しています。

もちろんこれは、ハイリスクハイリターンということが特徴です。
企業が株式や公社債を持つことは、資金運用をするための一つの手段になっており、株式については、取引所で売買するもので市場性のあるものに限ります。

このように企業は、物が売れなくても利益を上げることは可能で、こうしたトレーディング目的の有価証券を示しています。
また、満期保有目的債券は、主に社債や国債等の債券のことです。

これは、その名の通り満期まで所有する意図を持って保有する社債やその他の債券のことをいいます。
有価証券には、株式や社債、転換社債、国債、投資信託などがあります。

株式を購入することにはどのような利点があるかというと、個人の場合は株式会社の株主になることが出来、企業は他の企業に出資をしたことになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ