今は昔の話になった店頭売買有価証券

2010年10月に、JASDAQ、NEO、ヘラクレスの3市場が統合され、装い新たに新JASDAQ市場が開設されました。
現在JASDAQ市場は、大阪証券取引所が運営する株式市場となっています。
ところで、JASDAQは現在のような証券取引所になる以前では、店頭売買有価証券市場と呼ばれていて、略して店頭登録市場と呼ばれるこの市場は、日本証券業協会によって開設されたものですが、現在は存在していません。

さて、日本証券業協会が開設した、この店頭登録市場に登録されていたのが、JASDAQでした。
店頭登録市場に入るためには協会が定める規則に適合し、店頭売買有価証券登録原簿という、証券取引所法75条1項に規定されたものに登録されることが必要です。

こうして、登録された銘柄は店頭登録銘柄と呼ばれていました。
また、店頭登録が取り消された銘柄に関しては店頭管理銘柄とされます。

店頭登録銘柄には売買の手法の違いによって競争売買、いわゆるオークション銘柄と、マーケットメイク銘柄に区別されています。
店頭売買による有価証券の売買を、店頭売買取引と呼んでいます。

以前はこのように、株式の公開としては上場という方式と、上記のような店頭公開という2種類の方法がありました。
上場とは、証券取引所で企業の株式を売買取引できるようにさせることです。
これには、国の審査および承認が必要となります。

一方、店頭公開の方は、証券会社の店頭で企業の株式を売買することで、こちらは日本証券業協会と国の審査および承認が必要となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ