有価証券報告書の簡単な読み方について

有価証券報告書は、株式投資では必要不可欠なもので、企業の今期の業績などの状況が分かります。
その読み方については、簡単に説明するには長くなり一言では無理であるため、やさしく解説した書籍等を購入して勉強することをお勧めします。

投資で成功するためには様々な努力が必要になりますが、こうした報告書の読み方についてもしっかり勉強しておくと投資に役立ちますが、もちろんこれだけでは不十分であり、最低限の知識として必要だということです。

この報告書の中でも特に重視する箇所としては、経常利益や当期純利益などが挙げられます。
過去の実績と比べて、伸びているかどうかをチェックすることが大切なのです。

また、1株あたり当期純利益についてもしっかりチェックしましょう。
投資を行う際には、この他にも様々な銘柄の分析が必要ですが、基本としては毎期の業績の確認が欠かせません。

特に来期の業績の予想がどうなるか等によって、株価は大きく変動することになります。
リスクを避ける場合には、決算発表前は株式を保有しないこともひとつの方法です。

好業績が確認できてから購入したとしても、十分間に合うこともあります。
また決算の発表の前に、すでに株価が好業績を予想して上昇している場合もよくあることです。

こうした場合には、材料が出尽くして好業績であっても売られる場合があるので注意することが必要です。
リスクを避けたいのであれば、決算日を挟んで株式を保有することは避ける方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:有価証券

このページの先頭へ