投資信託にはSBI証券などのネット会社がお得

近年の不況、それに伴う給料カットやボーナスカットにより、不労収入を模索する人が増えています。
ここで言う不労収入とは、具体的には、投資信託いわゆる投信や株、FX、不動産経営などです。
これらはいずれもリスクを伴うものですので、不勉強のまま手を出してしまうと不労収入を得るどころか、大きな損害を出してしまうケースも存在します。

しかし、これらの中でも投信は比較的リスクが小さく、最近では大学生でも積極的に利用しているようです。

投信とは、多数の投資家が出資したお金を銀行や証券会社が取りまとめ、これを資産運用の専門家の指示により不動産や金融資産などに投資して利益を得、これを投資家に還元するシステムです。

ここでいう投資家とは、上記の例で言えば大学生などのことで、これらを扱っている銀行や証券会社は多く、大手の銀行に限らず、地方銀行や信用組合、SBIネット証券などのネット会社でも売買が可能となっています。

特に、SBIネット証券などのネット会社であれば売買にかかわる手数料も少なく、お金の出し入れに伴う手数料も少ないので投資信託には適していると言えるでしょう。

ただし、投資信託は貯金とは異なり、元本が保証されるものではありません。
値崩れを起こせば、上記の通り損害が生じる可能性があります。

投信は確かに不労収入の手段としては魅力的だと思いますが、このような危険性を十分に考慮して、適切な運用を心掛けることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ