手数料の安いSBI証券で確定拠出年金にチャレンジ

不況が続き、預金金利は期待できないうえ、相当の知識がなければ株式などの運用も不安が残る昨今、リスクの低い運用方法の1つに、確定拠出年金が挙げられます。

これは、毎月一定額の積立金を拠出し、その資金を運用することで将来受け取る年金額が変化するタイプの年金です。
一般の国民年金や厚生年金は生きている間は受給できるため、長生きすればするほど利益がありますが、早いうちに亡くなったら受給できなくなります。

確定拠出年金は自分が拠出した額を運用した結果について必ずもらえることになっていますので、本人が死亡しても遺族に全額支払われます。
ただし、どれだけ長生きしても、拠出しただけの支払いが終われば、それで終了します。

この商品は多くの銀行や証券会社、保険会社などで取り扱っていますが、中でもSBI証券は手数料が安いことで利用している方が多いです。
基本的に、元本が保証されているものは金利が低く、運用実績によるものは利回りが良ければ高金利に、悪ければ元本割れの恐れがあります。

メリットとしては、国民年金等と同じで全額所得控除の対象になりますし、受給する年齢になっても受け取り方によって節税が可能となります。

デメリットとしては、毎年手数料がかかるため、元本保証のみの商品にしていたら、低所得で節税ができない場合にじりじりと資産が減少していきます。
良くも悪くも自己責任になりますが、SBI証券は運用の手数料も保管料も安いため、少額で始めるにはうってつけの会社です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:SBI証券

このページの先頭へ