高利回りの投資の1種である不動産と収益物件

不動産とは、日本の法律においては民法86条により、土地及びその定着物をいうとされており、不動産登記法の前提により、建物それ自体も土地とは別個のものとされています。
この他にも、特別な法律が他にも設けられていて、立木や鉄道財団等も一個のそれになります。
また、これらを扱う収益物件とは、土地や一戸建ての住宅、マンション、アパート、事務所などといった建物を所有し、それを賃貸することや経営・運営することにより、長い目で見ても安定した家賃収入などによる利益を上げていこうという資金運用の一つです。

収益物件は利回りのよい資金運用としての物件を購入し、毎月一定の賃金収入のある建物として、投資した物件の家賃収入から収益を得る目的で購入するものを指しており、投資の1種として投資家の間で注目されてもいます。

土地と建物の権利を取ったのならば、まずは賃貸からです。
これは、土地や建物などの所有する物件を他の方に賃貸することにより、毎月の収入を安定させるというメリットと目的があります。

ここで気をつけなければならないのは、土地と建物のどちらにも、その物件にかかる税金や維持費といった必要経費を入れた適切な家賃設定や、入居者がいない場合は毎月損をしてしまう可能性があるといった点です。

そして、購入時の不動産価値よりも売却額が大きくなった場合には、売却を考えてみるのもよいでしょう。

賃貸(インカムゲイン)と売却(キャピタルゲイン)、この2つが収益を上げるために最も重要な要素になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ