評判の良い不動産投資会社とは

不動産投資とは、利益を得る目的で不動産に資金を投資することを言い、具体的には、賃貸経営で賃料収入を得たり、高く売って売却益を期待する投資のことです。
戦後から現代にかけて、アパート、マンションやオフィスビルなどの建設ラッシュが進みましたが、大手企業やごく一部の富裕な階層に限られ、一般庶民には手の届かない世界の話でした。

それが身近に感じられるようになったのは、「地上げ」などの言葉が流行したバブル経済以降でしょう。
バブル崩壊やリーマンショックで下落した不動産価格が再び上昇傾向を見せ始め、投資目的に不動産を購入する若い世代も出現しています。

不動産投資会社とは、投資家の立場に立って収益物件の情報を提供したり、不動産投資に関するコンサルティング業務を行う会社のことですが、その中でも評判の良い不動産投資会社にはどのような企業があるでしょうか。

まず、評価が安定しており上位にあるのが、ダイムラーコーポレーションです。

取扱いエリアは国内とアジアの主要地域で、多彩な国内物件で分散投資ができる一方、海外投資により通貨リスクの分散も出来ます。
次いでトーシンパートナーズは、都心部の単身者をターゲットに絞り込み、ブランド展開に秀でています。

収益用物件の入居率を高め、実際的な取り組みが高評価を得ているプロパティエージェントは、98%という高い入居率を誇る賃貸管理実績を買われています。

以上3つの会社は、それぞれ違った特徴を持ちながら投資家から多くの支持を獲得しています。
また、信頼がおける不動産投資会社とは、無料相談やセミナーの開催などが充実していることも不可欠な要素です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ