不動産投資アドバイザーに求められる資格

不動産投資アドバイザーという仕事は無資格でも名乗る事が出来ます。
しかし、不動産に対する知識はもちろんのこと、資産運用や投資に関する知識や幅広い知識が必要になるため、誰でも出来る仕事ではありません。
資格が存在しないという訳ではなく、不動産コンサルティングマスターと呼ばれる「不動産投資顧問業登録規定」における登録申請者及び「重要な使用人」の知識としての審査基準を満たす資格があります。

この資格試験に関しては、宅地建物取引主任者資格登録者や一級建築士登録者、そして、不動産鑑定士登録者を対象に毎年1回行われ、合格者はそれぞれの実務経験を5年以上積んだ時点で申請が可能です。

また、ローンを組むなど長期的な投資をする観点でライフプランニングの必要性から、ファイナンシャルプランナーも関連する資格の一つであると言えます。

不動産投資アドバイザーは不動産投資コンサルタントと呼ばれることもありますが、こうした業務を依頼するにあたって、客観的な知識量や経験を裏付けるのがこれらの資格であると言えるかもしれません。

いくら無資格で名乗れるとは言っても、顧客から言えば大事な資産運用のアドバイスを受けるにあたって業者を選定する場合、有資格者の方が安心して相談が出来ます。

そのため、不動産投資へのニーズの高まりや取引形態の多様化、新たな投資手法への対応といった点で、こうした知識を充分に持った不動産コンサルティングマスターなどの資格を持った不動産投資アドバイザーが求められるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ