シンガポールでの不動産投資を紹介する会社とサイト

シンガポールはもともと景観や気候が良く海外からの移住者が多い国ですが、こういった海外の人々が住むコンドミニアムなどを投資対象とした不動産投資を後押ししてくれる会社やサイトがインターネット等で複数あります。
ここで強調されている投資のメリットとしては、外国人が不動産を購入する場合、税制面などの規制が少ないことや、建築中の物件でも価格の20%を支払えば第三者に転売譲渡が出来るという点が挙げられます。

特に後者の点は実質価格の2割なので、5倍のレバレッジ効果を得て利益を生み出せる期待があります。
また、この売却益も利益とはみなされず非課税なのも有利な点です。

一方でデメリットとしては、利回りが低い点と物件が高額なこと、フルローンと呼ばれる物件を担保にして100%のローンが組めないといったことがあります。

よって、大きなリターンを狙う人には向かないのが特徴です。

シンガポールに本拠を置く「YHF PTE LTD」では、不動産投資の他に永住権の取得などのサポートサービスを行なっており、現地スタッフが優良物件を日々探しています。

「海外不動産ナビ」では、東南アジアを中心として海外不動産の紹介を行なっていて、物件検索や各地の視察ツアーも用意されているので、現場を見ながら投資先を検討することが出来ます。

このように、シンガポールへの不動産投資のニーズの高まりに応じる形で現地に詳しい業者がサイトを構えていて、十分なノウハウも持っているので、興味のある場合は相談してみることをお薦めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ