自らの苦い経験から起業した横浜の不動産投資会社

横浜は神奈川県の県庁所在地であると共に政令指定都市として機能しており、18区の行政区を持つ、市町村の中では最も人口数の多い都市です。
観光地として訪れる人は国内外を問わず多数で、博物館や美術館、みなとみらいホールなどの文化施設も充実し、大学や短期大学などの教育機関もたくさん存在し、市内のあちこちに若い学生の姿が見られ活気に溢れています。
その横浜で、若くして不動産投資会社を興し成功した人物がいます。

起業のきっかけは、相続税を支払う為に代々続いた不動産を手放さざるを得なくなった経験で、農家の次男として生まれ、祖父母や両親が農作業する姿を見て育つ一方で、農家であるが故に広大な土地の税金に悩む姿も見て育ちました。

その上、こと相続問題が発生すると、相続税の納税のため先祖代々続いて守ってきた資産を手放す苦悩を目の当たりにしてきました。
同じような境遇の人々を助けるため模索した結果が、不動産投資会社の設立です。

現在も、資産形成や資産保全に悩む人々のために、公明正大、進取果敢、個人尊重の経営方針で活動しています。
又、社長自らが不動産投資に挑戦し、現在4棟のアパートのオーナーになっています。

このような経歴を持つ代表者がいる不動産投資会社なら、信頼がおけるのではないでしょうか。
初めに個別の面談を行い、資産状況、投資の目的、将来的な展望を聞き取り、それに基づいた資産構築やポートフォリオの提案をします。

取引が成立した顧客に対する売買や仲介、管理業務、出口戦略を一貫してサポートする体制も万全です。

この会社は、みなとみらいの横浜ランドマークタワーの20階に事務所を構える横濱コーポレーション株式会社です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ