埼玉県での不動産投資にはアパート経営

不動産投資は、銀行預金や株式投資と比較するとミドルリスク、ミドルリターンの投資方法と言われています。
しかし、アパート経営に関してはローリスク、ミドルリターンの投資で、その理由は、家賃収入を目的としたシンプルな資産運用なので、株式などに見られるような急激な景気の変動を受けにくいからです。
又、給与生活者が不動産を購入すると、給料天引きやローン口座に月々の返済をしなければなりませんが、アパート経営の場合、入居者の家賃収入から返済していきますので、生活に支障なく不動産投資ができ、資産作りが可能となります。

その為、現在は会社員や公務員、自営業の人々がオーナーとなるケースが増えています。

ある企業が調査した結果では、会社員や公務員が78%、年収1千万円以下が82%を占め、年代別では40~60歳代が半数で、40歳以下が43%となっています。

アパート経営の場合、ポイントとなるのは高い入居率を確保することですが、その確保の為にはどのような条件が必要でしょうか。
賃貸経営では単身者用や学生向けのワンルーム形式の需要が多いことを踏まえると、埼玉県は最高の立地条件を持っていると言えます。

東京都の北に位置し、首都圏のベッドタウンとして朝夕通勤する人達や都内の学校に通学する人が多くいます。
又、埼玉県内の各地にも大学のキャンパスが多数建ち、周辺のワンルームマンションやアパートは常に満杯の状態です。

JR路線や私鉄各線の鉄道網の他、バス路線も発達し、通勤、通学に便利な地域でもあります。

埼玉は比較的地価が安く、郊外の住宅地の地価は平均で平方メートル当たり12万円位ですので、不動産投資としてアパート経営を考える地域として最適だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ