投資不動産とはリスクの少ない投資商品

投資不動産とは、具体的には賃貸ビルや賃貸店舗、賃貸マンションや賃貸アパート、そして遊休地がそれに該当し、遊休地を一時的に駐車場として利用している場合にも投資不動産と分類分けされます。
短期間ではなく長期的な財産として保有される土地や、用途未定のまま保有する土地、リースのために保有されている建物などもそれにあたりますが、営業目的で保有している土地や建設中・開発中の不動産、自社で保有・運営しているホテルや他の企業にリースが決まっている不動産などは投資不動産には含まれません。

現在、低金利やペイオフ全面解禁により、不動産投資が資産運用の1つとして注目を集めています。

マンションなどのオーナーになって長期的に家賃収入を得ていく他、購入した以上の金額で売却して利益を得るのが目的で、少子高齢化や年金問題、社会福祉に対する不安から、個人投資家を中心に、また会社員ではなかなか上がらない給料の補てんや将来の資産のために購入するケースが増加中です。

これは、安全性は高いものの見返りが低いローリスク・ローリターンの預貯金や、投資先の企業の業績によって株価が暴落したり経営破たんで価値がゼロになったりする危険性がある代わりに、企業価値が上昇した場合には大きな利益が得られるハイリスク・ハイリターンの株式投資の中間に位置します。

手取り利回りが低く、空き室や地震災害などの影響は受けることはあっても、基本的に土地がある限り価値が無くなる可能性は極めて低い為、投資不動産とは堅実に収入を得ていくための最善の方法と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ