不動産投資を始めたら確定申告をしよう

中古ワンルーマンションやアパート等で不動産投資を始めたら、確定申告をしなければなりません。
分類は不動産所得となります。
収益としては家賃や礼金が挙げられ、収益についてはイメージがしやすいものばかりです。
しかし、費用は支出したものとずれる場合がありますので注意をしましょう。

例えば、借入金の返済です。
しばしば、返済額全額を費用として計上している人を見かけますがこれは間違いで、返済額には元本と利息に分けられます。

そして費用として計上できるものは、返済額のうち利息部分のみとなります。
金融機関からもらった返済明細表等を確認しながら、仕訳をしていきましょう。

また、支出はないのに費用になるものもあります。
それは、減価償却費です。

減価償却とは、建物の減耗分を毎年費用としてみなし計上できるものですが、その分、簿価の価値は落ちます。
しかし、支出を伴わない費用なので、その分、現金が貯まることになります。
また、注意しなければならないものに、修繕費があります。

修繕費は、場合によっては資本的支出となり、全額を費用として計上できない場合がありますので、この区分けについては、税理士や税務署に確認してみましょう。

そして、確定申告をする際に忘れてはならないものが青色申告の申込みです。
不動産投資を始めたら、税務署に行って、青色申告の申込みをしておきましょう。
帳簿を揃えていることを条件に、10万円の所得控除を受けることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ