不動産投資をするならば、東京23区内の中古ワンルームマンションがお勧めです

不動産投資をするのであれば、東京23区内の中古ワンルームマンションが良いでしょう。
このエリアは、好況、不況の流れを受けにくく、今後も人口増加が期待でき、不動産投資には最適です。
今、日本は人口減少時代に突入しています。

しかし、どの地域も人口が減っていくというわけではなく、今人口が減っているところは今後急激にその速度を速め、一方で、人口が増える地域も出てくると予想されます。

つまり、魅力的なエリアに人が移動を始めるというわけです。
すでに東京23区内には、郊外にあった大学のキャンパスなども移転してきています。

人口が増えているエリアは商業施設が建設され、交通網も整備されてさらに魅力的な街になっていきます。
東京23区内は、今まさにこのような状況にあるのです。

また、このエリアは人口が増えているだけでなく、供給面からも注目するべきことがあります。
それは、東京23区内の自治体の中には、ワンルームマンションの建設に規制をかけているところも存在しており、具体的には、1戸建設するのに数10万円の税金をかけるという方法が行われているのです。

建設が減れば、当然、中古市場に影響が出ます。
そのため、中古ワンルームマンションに希少性が出ることに繋がるのです。

このように、東京23区内での不動産投資は、需要面からも供給面からも成功の可能性が非常に高いということができます。
不動産投資をするならば、利回りにとらわれず、エリアにこだわってみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産投資

このページの先頭へ