SMBC日興証券の投資銀行部門について

SMBC日興証券の投資銀行部門は、2009年に三井住友ファイナンシャルグループの一員となり、それまでの日興シティグループ証券の国内引受、投資銀行業務等を継承しました。

同社の主な業務としては、M&Aアドバイザリー業務と資金調達業務の二つが中心となっており、業界でもトップクラスと言われる専門性を持った人材が配置されています。

M&Aアドバイザリー業務は、買収、統合、売却など、クライアントにとって重要な意思決定について案件プロセス管理や関係者のコーディネーション、バリュエーション、交渉、ストラクチャリングのアドバイスまでのサービスを提供しているのです。

また資金調達業務では、クライアントのあらゆる資金ニーズに対して、プロダクトバンカーが商品の提案や執行を行っています。
案件執行にあたっては、クライアントと投資家の間で商品のバリエーションやプライシングを担当します。

この部門では、このような二つの業務に対して、各セクターを担当するカバレッジバンカーがクライアントの財務、事業戦略ニーズを把握し、社内の専門部署のプロダクトバンカーと協力しながらクライアント価値向上のために、サービスの提案から具体的な案件執行まで携わることになります。

この投資銀行部門は、銀証融合モデルを追及しているのが一番の特徴となっており、SMBCのリテール部門と緊密に連携しながらクライアント事業の強化に役立つホールセール業務を展開しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日興証券

このページの先頭へ