SMBC日興証券のファイナンシャル・アドバイザーは、有給休暇の取得や福利厚生の利用なども可能です。

SMBC日興証券では、ファイナンシャル・アドバイザーという制度を設けています。
ファイナンシャル・アドバイザーとは、金融商品に対して幅広い知識を持ち、お客様との関係性を長期的に築いていくことが出来るプロフェッショナルです。

自立した働き方を目指す方や、よりお客様に身近な存在でありたい方向けの制度ですが、投資信託を行うお客様にとって今1番必要とされている存在です。
ファイナンシャル・アドバイザーには、転勤がありません。

それは、地域に密着した営業が行えるようことを目的としているからで、一人のお客様と長く付き合うことで生まれる信頼関係構築や的確な資金運用のアドバイスを行うことが、ファイナンシャル・アドバイザーには求められています。

契約形態は完全実績報酬ですから、常に知識を肥やし、金融のプロとしての意識を持ち続けることが必要です。
仕事の対価はお客様が決めることになりますから、お客様毎に合わせた計画的な営業戦略をプランニングする力も欠かせない能力の1つです。

ファイナンシャル・アドバイザーには、1年に一度、契約更新基準が設けられていますが、これは成果に対する責任であり、自身のキャリアを形成する上での大切な仕組みです。

仕事を行う上での自由度は高いですが、有給休暇も取得できますし、社会保険や福利厚生も利用することが可能です。
また、男女問わず育児休暇を取得することも出来ますから、金融のプロフェッショナルとして自立を行うことに不安を持つことは必要ないと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日興証券

このページの先頭へ