株式会社日本銀行の特徴とその機能

株式会社日本銀行とは、日本銀行法に基づく認可法人で、我が国の中央銀行です。
1882年に設立され、本店は東京都中央区日本橋本石町にあります。
株式会社日本銀行は、政府から独立した法人であり、資本金は1億円で、出資者は、公的資金が55パーセントの5500万円、民間資本が残りの45パーセントの4500万円です。

出資者には出資証券が発行され、その出資証券はジャスダック市場に上場されて、株式会社の発行する株式に準じて取引されています。
ただし、株式会社の出資とは異なり、出資者がその経営に関与することはできず、配当も払込み出資額の5パーセント以内に制限されています。

その上、破産等により会社の整理や清算となった場合には、出資者へのその出資額に応じた残余財産の分配はなく、すべてが国に帰属するという制約もあります。

株式会社日本銀行の果たす機能の最重要なものは、我が国の通貨である日本銀行券とその補助貨幣の発行にあります。
この機能は、海外などでは複数の銀行等の金融機関が分任することがありますが、我が国では唯一日本銀行のみが持つものです。

その他には、政策金利操作などの金融政策を通じて通貨流通量の調整を行い、物価の安定に努めることや、銀行などの金融機関の間の取引の決済、国庫金の出納、金融秩序の維持の為の特別融資の実施、各国中央銀行等との国際関係業務などがあります。

また、ここ数十年の間の国債発行の急増により、その引き受けなども重要な業務となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新日本証券

このページの先頭へ