日本銀行は株式市場に上場している

日本銀行という名前は、誰でも1度位は聞いたことがあると思います。
この銀行は、お金を作って発行している所であり、普通の銀行と違って一般からの預金を受けつけているということはありません。
ですので、日本銀行のホームページにアクセスしても、他の銀行のホームページには見られる口座開設に関するお問い合わせといったリンクはないです。

しかし、他の銀行と同じ部分もあります。
それは、株式市場に上場しているということです。

日本銀行は国で所有しているのではなく、あくまでも、政府から独立した機関であり、国と民間が共同出資して成り立っている銀行なのです。
上場しているので、もちろん株の購入もできます。

しかし、普通の株と違う部分があり、たとえば株主になっても、株主総会に参加出来るということはありません。
何故かというと、株主総会がないからです。

また、いくら発行されている株を買い占めたとしても、議決権を持つことは出来ません。
仮に株を沢山持っていたとしても、そのことのメリットというのはないのです。

配当はありますが、他の株と比べるとそれほど高いものではありません。
しかし、それでも株価は上がったり下がったりしていて、安く買って高く売るということも狙えます。

購入出来る証券会社というのはそれほど多いわけではないので、もし購入を考えている場合、どの証券会社に口座を持っていれば買うことが出来るのか、インターネットなどで調べておくようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新日本証券

このページの先頭へ