日本株投資は資産運用の方法の一つ

日本株投資は、数ある資産運用の方法の一つです。
日本株への投資については、一般個人の投資家から外国人投資家、国内外のファンドなど多種多様な投資資金が集まっています。
国内の株式相場で、そのシェアが最も高いのが外国人投資家です。

外国人投資家の動向を読むことが株式投資では重要で、また、外国人投資家にとって、あまり関心のない株式に投資をする方法もあります。
外国人投資家の影響が大きいことが国内の株式相場の特徴であるため、その影響があまり及ばない銘柄を選択することが有効な方法だと言えます。

外国人投資家は、主に大型株に投資を行っています。
しばしば空売りをする場合もあるので、例えば、悪い決算内容である会社の株は大幅に株価が下がることもあります。

そこで、決算発表前の会社の株式投資は、慎重に行うことが必要です。
また、株式投資では、決算内容とともに増資などの発表には注意することが必要があります。

増資が行われると株は希薄化することになるので、株価は大幅に下落することになります。
長期的に株式を所持することはありますが、こうした株価下落にはあらかじめ十分に備えておくことが必要です。

株式投資では、その会社の業績が良いことはもちろんですが、今の株価の水準が業績内容を反映しているかどうかを慎重に分析することが求められます。

業績が良く株価が低位にある銘柄についても、投資を行うことが重要です。
また、信用倍率などの需給動向についても分析しましょう。
信用倍率が低い銘柄に注目することも、投資における一つの有効な方法だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:新日本証券

このページの先頭へ