投資信託で大損しない方法について

投資の一つの方法に投資信託があります。
投資信託とは、複数の投資家によって販売会社を通じて出資され蓄えられた資金を運用の専門家が株式、債券、不動産等に投資して、その成果を投資家に配分する金融商品です。
種類は様々で、投資対象や投資スタンス、投資期間と大きく5つに分類され、そこからまた細かく分けられます。

では、今注目されているこの商品で大損しない為には、どんなことに注意したら良いのでしょうか。
大損を回避してリスクを減らす方法には、分散投資と長期投資があると言われており、分散投資の中にもいくつかの方法が挙げられます。

その一つは複数の銘柄に分散して買う方法で、違う業種の銘柄を組み合わせて買えばそれぞれの値動きをするため、リスク回避が期待出来ます。
もう一つは、購入タイミングをずらす方法です。

株の場合、安い段階を見極めるのは至難の業と言われていますので、同じ会社の株の値動きを見ながら時間をずらし、何回にも分けて買えば、結果的に安く買えたと言うことになり得ます。

更に、株以外の資産を組み入れる方法もあり、株だけに限定せず、社債や国債の債券等への分散も重要で、銀行預金に近く満期になれば現金と利子が支払われ、資産の価値が急激に下落するリスクを軽減出来ます。

また、長期投資の場合は、目先の変動は気にせずに数十年先を見据えて成長が期待される資産を選び、じっくり待つことが大切です。

投資信託で大損しないためには、何をどう組み合わせるのかというポートフォリオの構築が重要と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ