日経225を参考に投資信託は今後の予測を立てています

株価指標とは、特定の市場(日経225やNASDAQなど)における株価変動の動き(値動き)について示した指標として数値化したものを言い、マーケットに上場して公開している株の銘柄を総合的に上げ下げをチェックするため、統計学の技術を使って数値化することで、代表的な2つの「株価の平均」と「株価指数」を求め、日本の経済状況を株価指標で知るという意味において重要な役割を果たしています。

また、株価指数は株式市場で取引されている値動きを、全体かつ総合的に数値化して分かりやすく表示するため、複数の銘柄の独特な計算式を用いて株価を指数化し、継続的に公表されているものを言います。

これは、市場全体の株価水準の動向を見る際に利用され、その算出方法には、株価平均型(修正平均)や時価総額加重型(加重平均)などいくつかあります。

これらを使っている日経平均株価は、日本の株式市場の代表的な株価の平均や値動きを現した株価指標の一つで、別名として「日経225」とも呼ばれています。

また、平均株価をリアルタイムで公表するもので、株価平均型株価指数であるダウ式平均株価として、東京証券取引所第一部に上場される約1,800の銘柄の株式のうち、別名の名の通り、225銘柄を対象にして平日毎日更新されます。

業種や会社を厳選しながら、業界に偏りが出ないように考慮して定期的に投資先が入れ替わっており、日本の株価指標ニュースなどでも取り上げられ、とても一般的に普及していて、東証株価指数 (TOPIX)などは公の機関が作成していない指数ではないものの、日本国の政府公認の経済統計データとしても利用されています。

これらのデータを基に、投資信託などの投資業界では、毎日の値動きに反応して売買などの取引を行っていますので、リアルタイムでの値動きを見たい場合に是非ご覧ください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ