投資信託で人気のあるファンド

投資信託で人気のあるファンドは、毎月決算の商品です。
毎月分配金を安定的に出しているファンドが、高齢者を中心に好まれています。
中には、毎月の分配金に加えてボーナス分配をしているファンドもあります。

年金受給者には、年金のない月にも分配金がもらえることが人気になっています。
しかし、このような投資信託で注意したいことは、基準価額の増減です。

分配金を基準価額が上がっている状態で支払っているファンドは問題ないのですが、基準価額が低下しているにもかかわらず、分配金を出し続けているファンドもあります。

分配金は預金利息とは違いますので、運用資産を削って支払っているのです。
そのため、基準価額が低下しているにもかかわらず分配金を出しているファンドは、身を削って運用資産を減少させていることになります。

基準価額はネットや新聞でも調べられるのですが、実際にはその動きを見ていない人も少なくありません。

運用状況の報告として書面も送付されているのですが、自分が投資した時点の基準価額を理解していなければ、その動きを把握することも困難です。

販売会社である証券会社や銀行などは、分配金と基準価額を合算した損益を投資家に還元して理解を促すように注力しています。

しかし、投資信託を運用しているファンドマネージャーは、分配金の水準を下げることに抵抗があるもので、それは、投資家が毎月の分配金が減少すると敏感に反応して解約が増加するからで、運用資産が減少すると運用が難しくなるためです。

このように、投資信託はリスクも存在しますので、最低限の知識を得て投資を検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資信託

このページの先頭へ