ファンド会社とはどのような役割を持った会社か

ファンドとは、複数の投資家から募った資金を投資に使いその収益を分配する仕組みで、投資の対象は数種類あります。
まず、公開株式や公社債に投資する伝統的ファンドとその代替資産にした不良債権や未公開株式、不動産への投資となるオルタナティブ・アセット投資に大きく分けられます。
さらに、オルタナティブ・アセット投資についても、ディストレス・再生・バイアウト・ベンチャー・不動産に分けられます。

その中でも不良債権や未公開株式の対象となっているのが、プライベートエクイティファンド「PE」です。
PE投資には専門的な知識が必要であり、ハイリスク・ハイリターンであるため富裕層と呼ばれる個人投資家に向いています。

これらのファンドは販売会社と委託会社、受託会社が役割を分担して運用を行っています。

販売会社とは、銀行や証券会社、投信会社や保険会社を指し、顧客である投資家ごとに口座の管理を行い、ファンドの販売・換金、償還金や分配金の支払いなどを執り行うものです。

委託会社とはファンド会社のことで、顧客のニーズや市場の動向にあったファンドを発行し、販売会社などを通じて投資家に販売しています。
また、受託会社に運用の指図を行って資金を運用します。

さらにファンド会社とは、運用方針を決定したり市場・経済・企業について調査や分析をしたり、運用報告書や目論見書といった文書作成の業務を担う所です。

受託会社は信託銀行などを言い、ファンド会社からの指図によって資金を運用します。
自社財産と信託財産は分別し、管理・保管がされている点も特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ