一般的に資金や基金を意味しますが、投資信託等の金融商品もファンドと呼ばれることがあります

ファンドとは、一般的に資金や基金を意味していますが、投資信託等の金融商品を指す場合も多いです。
また、投資ファンドと同義的に使用されることもあります。
投資ファンドとは、投資家から資金を集めて株などに投資を行い、その利益を投資家に還元する機関のことです。

投資家に還元される目標利回りが通常設定されており、基本的な管理報酬と運用実績に応じた報酬を得ることができます。
投資信託等の運用はプロが行うため、自分で運用する時間や自信が無い投資家にとっては、特に魅力的かもしれません。

個人投資家が上記商品の購入を希望する場合、証券会社や郵便局、銀行等で申し込みをすることができます。
購入する前に、メリットとデメリットについてしっかり考えておきましょう。

一般的なリスクとしては、価格変動リスクが挙げられます。
利益を得ることができる可能性がある反面、損をする可能性もある旨を理解しておきましょう。

しかし、うまくいけばお金を預けるだけで定期的に配当金が貰えたり、商品によっては売却のタイミングで差益が得られることもあります。
様々な商品があるためどれを選べば良いか迷った場合は、投資対象となっているものの市況が良い商品を選択すると良いでしょう。

市況が良いかどうかの判断自体が難しいかもしれませんが、ニュースを見たり専門家にアドバイスを聞いたりするなどして勉強していくことはできます。
どうしても迷った場合は、様々な商品に分散して投資をするとリスクが分散されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ