投資信託とヘッジファンドの違いとは。

投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、それをファンドという基金で1つにまとめ、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、投資家の代わりに株、債券、不動産などに投資、運用を行う仕組みの金融商品のことをいいます。
1万円前後と比較的少額から投資を行えますから、これから資産運用を始めようと考えている方にもおすすめの金融商品だといえます。

少額から始められるからこそ、大資産家の投資同様、たくさんの投資対象に分散投資ができ、リスクの低減を行える、これに対して、ヘッジファンドとは、最低投資金額が1億円以上のものがほとんどで、特定少数の適格投資家を対象としています。

主に機関投資家や富裕層をターゲットにしており、主な仕組みは、株や債券、為替、商品、不動産やデリバティブと呼ばれる金融派生商品といった様々なものが投資対象となります。

これらの市場性のある金融商品などの相場の動きを、他社に先駆けて察知し、大量の資金を投下して、予測した相場動向が訪れれば、その先の相場動向を予測して再投資を行う、投機筋のファンドです。
ハイリターンを短期間で稼ぐことを目的としていることが多く、ITシステムや政治のネットワークを駆使してリスクを最小化しています。

最新の金融工学を駆使して、レバレッジの高い手法で運用しているため、金融市場に大きな影響力を持っています。
また、国内ではヘッジファンドへ運用を促す広告は一切禁じられていますので、投資家の判断に委ねられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ