ヘッジファンドを活用した投資の性質

世界的な景気の低迷により低金利が継続しているために、効率の良い資産運用法を探している方が増加傾向にあります。
そして、その選択肢の1つにファンドを活用した資産運用法に興味在る方も増えてきています。

このファンドとは多くの個人から資金を調達し、この集められた資金を元にファンドを形成し、ファンドマネージャーなどの専門家が複数の債権や株式などを活用し資産運用を行うものです。

このファンドでは運用成績により高い収益が期待できるために資金効率の良い資産運用法となります。
しかしながら、このファンドは銀行などへの預貯金とは異なり、元本割れの可能性もあるために慎重な判断が必要になるのです。

このファンドには不特定多数の個人を対象に証券会社や銀行などが販売する公募ファンドと呼ばれるものと、少数の専門的な知識を持つ個人を対象に資金を集め、より積極的な資金運用を行う私募ファンドがあります。
この私募ファンドの1つがヘッジファンドと呼ばれ、高い収益を目的とし様々な手法を用いて資産運用を行っています。

ヘッジファンドを活用した投資の性質として、まず最初に、ヘッジファンドは一般的な公募ファンドとは全く異なり相場環境に左右されずに高い収益を得る事を目的としているため、高いレバレッジを活用し投機的な取引をしたりもします。

また、運用手法や対象に制限が無いため空売りなどを積極的に行い投機的な運用法を用い高い収益を上げます。
このようにこのファンドは非常に機動性の高いという性質がポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ