プライベートエクイティファンドの特徴について

プライベートエクイティファンドのプライベートとは、未公開を意味しています。
またこのエクイティは、株式を指しています。
プライベートエクイティファンドは、未公開の株式や事業に対して投資を行い、価値を高めて、株式公開や第三者などに売却することを目的にしたファンドのことです。

この形態としては、投資事業の有限責任組合や、匿名の組合、民法上の任意組合などが見られます。
この投資の特徴としては、まずベンチャーファンドがあります。

これは、創業期にある企業などに投資をすることです。
またバイアウトファンドといって、成熟期以降にある企業などに投資をするファンドもあります。

この他には、ディストレスファンドといって、破綻企業や事業の再構築を必要としている企業に対して投資を行う場合に分けることができます。
また企業再生ファンドというファンドもあります。

日本の企業に対して、事業等の再構築を進めながら、企業の再生を図ることを目的にしたファンドです。
プライベートエクイティは、市場からの資金調達ができない企業や事業などに対して、資金の供給を行う役割を果しているといえます。
この意味で、この投資が果している役割には一定の意義があることが分かります。

このファンドは、現在でも進化を続け、特に欧米では、知名度もありこの投資家層としては年金基金や、ソブリンファンドなどが存在感を増している状況です。
これに対して日本国内では、あまり広がっていないと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ