野村不動産オフィスファンド投資法人は保守的な運営を行なっています

資産運用をするのであれば、不動産投資信託も考慮に値します。
不動産投資信託とは、投資主から集めたお金と金融機関から集めたお金で収益物件を購入し、そこから上がってきた家賃収入を原資として分配金を支払うものです。

当然、借入金利や運営会社の報酬、その他の経費が支払われた残りを投資主に分配するのですが、平成24年8月末日現在では平均分配金利回りは5%を超えており、投資商品としては魅力的な利回りとなっています。

分配金が安定していることも魅力と言えます。
しかし一言に不動産投資信託と言っても、色々なものがあり、マンションに投資をしているものもあれば、オフィスビルを保有しているものもあり、倉庫やホテルを運営しているものもあります。

それぞれの物件に特徴があり、それがそのまま銘柄の特徴となっています。
不動産投資信託を購入する場合には、その銘柄の特徴をしっかりと押えておきましょう。

また、運用会社のスポンサーがどこであるかということも重要です。
そして、運用方針も重要で、例えば、オフィスに投資をしている野村不動産オフィスファンド投資法人の場合、グループの不動産会社のパイプラインを活かして物件所得や情報収集をしています。

また、保守的な財務戦略を取っており、資金調達力の確保や1口当たり分配金の安定を図っています。
野村不動産オフィスファンド投資法人の場合には、高格付けを得ており、これらの目標に現実性があることが伺えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ