先物取引などにおける証拠金の清算機構

証拠金とは、先物取引やオプション取引における損失をカバーするための担保のことです。
商品市場の健全な運営の確保と、委託する側の保護の観点から、商品先物取引法に基づき定められています。
この制度における関係機関として、商品取引所、商品取引清算機関、商品先物取引業者があります。

主な制度としてまず一番目に規定され、投資家が国内の取引所に参加する為には、商品先物取引業者に委託して取引することと、その際に必要となるものとして証拠金と委託手数料を挙げています。

この証拠金は取引業者を通じ預託しますがその預託先が清算機構になり、法の規定によって主務大臣の許可を得た信頼できる会社です。

清算機構の一つである日本証券クリアリング機構は、大阪取引所に上場されている先物、オプション取引に関する清算業務行い、証拠金の計算、預託、管理を一貫して取り扱っています。

同じく日本商品清算機構は国内7か所の取引所が株主となり、全ての商品取引所における取引を清算するために設立されたアウトハウス型のクリアリングハウスです。

現在は、東京と大阪両取引所の取引の清算業務を扱っています。
商品先物市場において成立した取引に関し、売買の一方の当事者の債務を引き受け、それと同時にそれに相当する債権を取得します。

それぞれの相手方に代わって、清算機構が一方の当事者として参加者との間で受け渡しを行う主体となり、決済の履行を機構が保証する形で、取引の当事者はこれにより安心して取引に参加できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ