商品先物取引にかかる手数料の比較サイト

商品先物取引では片道・往復と手数料がかかりますが、片道とは、売買どちらかの注文を行う時にかかるものなので、通常の先物取引では売買の両方を行う事で利益・損失が確定するため、往復の価格の方が分かりやすいでしょう。
そうした商品先物取引にかかる様々な手数料は、取引の方法にもよりますが、収益性に関わる重要な要素として注目されており、そんなニーズに応えるように各社の比較サイトもインターネット上に存在します。

そのようなサイトによりますと、往復で通常取引ベースでもデイトレードであっても一番安価なのが、株式会社コムテックスのトレードワンという商品です。

平日・休日ともに24時間注文が出来、サポート対応は、電話の場合8:30から23:30、メールの場合は8:30から翌朝4:00で、各社の携帯電話やスマートフォンでの注文に対応しています。

2位は北辰物産株式会社のD-stationという商品で、この商品も24時間注文に対応しており、注文も携帯やスマホに対応していますが、サポートが電話、メールともに8:30から翌朝4:00であるのが違う点です。

そして3位は岡安商事の相場ライフで、原則24時間注文可能ではあるものの、週末の営業日の立会終了後から18:00頃までは注文不可になる点と、スマホには対応してない点を留意しなければなりません。

また、サポートは8:30から18:30までとなっていて、他社でも証拠金は必要となりますが、口座への最低入金額が9万円と設定されています。

このように売買手数料には会社間で差があり、様々なキャンペーンを行うなどして競争が激しくなっているので、こういった付加要素も含めて業者の選定をするといいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ