日本を代表する225社の上場企業の株価平均を日経平均という

日経先物という金融商品があります。
これは、日経225先物の略ですが、日経平均という日本に籍を置いている会社の株価指数に連動する先物取引のことです。
日経平均というのは、日本を代表する225社の上場企業の株価平均で、これを略して日経平均と言います。

つまり、日経225先物というのは、この日経平均の先物というわけです。
先物というのは、将来のある期日に現物と交換することのできる権利のことを言います。

現物取引ではないため、派生商品ということでデリバティブとも言われる商品です。
先物と聞くと、難しいとか、危険といったようなイメージを持たれる人もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

リスクのないものではありませんが、先物も現物と同じ金融商品であって、特別リスクが高いというものでもなければ、危険なものというわけではないのです。

リスクを管理して投資を行えば、株式と同じといっても良いでしょう。

これからのこのような金融商品を利用していく人と利用しない人とでは、資産運用の選択肢が異なるため、後者が資産を増やしていくのは少し難しい時代といっても良いかもしれません。

給与がなかなか増えていかないということは今では誰もが知っていることですし、高い給与を得られるのはごく一部の人です。

そのようなことを考えれば、これからは投資によって資産を築くことを考えていかなければ、個人が資産を増やしていくのは厳しい時代と言えるのではないでしょうか。
いかにうまく投資をするかが鍵だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ