先物取引業者を選択する際にチェックすぺきポイントについて

先物取引業者を選択する際にチェックすべきポイントは、まず第一に顧客からの預かり資産の信託保全管理体制が整っているか否かです。
預かり資産の信託保全管理とは、顧客から預かった資産を、自社資金とは別の口座で分別管理する事で、分別管理がされていると、先物業者は勝手に顧客の資金の出し入れができなくなるため、顧客資金の安全性が高いと言えます。

顧客資金の分別管理保全は今でこそ当たり前となっていますが、一昔前までは自社資金と混同して管理する会社も多くありました。

そして、一部の悪徳会社が、自社資金と顧客資金を混同して使いこんだりした事例があったため、分別管理の重要性が唱えられるようになったのです。

現在、顧客資産の分別管理を行っていない会社は殆どありませんが、念のためにチェックしておいた方が良いでしょう。
第二にチェックすべきポイントは、先物取引会社が設定している取引手数料の水準です。

一回の取引にかかるコストは業者によって異なり、手数料が高い会社と低い会社では数百円単位で異なる場合もあります。
特に取引を頻繁に行うような人は、取引手数料が安い会社を選んだ方が有利です。

一回あたりの取引手数料の差が百円だとしても、百回取引を行えば一万円の差となり、一万回取引を行えば百万円の差となるからです。
最後のポイントはシステムで、先物取引会社が提供しているシステムの機能性や安定性は、しっかりチェックしておくべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ