リスクヘッジに活用される商品先物とは

近年、デリバティブは私達の身近にある個人向け金融商品にも組み込まれています。
それ故に、資産運用のために金融商品を選択する際は、このデリバティブの特徴を把握する事が不可欠です。
本来、このデリバティブとは金融商品のリスクコントロールに用いられたり、リスクを認識した上で高い収益を上げることを目的として使用されます。

デリバティブの種類には、株価や金利、通貨などを扱うオプション取引、株価指数、為替予約、商品などを扱う先物取引、金利や通貨のスワップを取り扱うスワップ取引などがありますが、ここでは、リスクヘッジに活用される商品先物について説明致します。

先ず最初に、商品先物とは将来の売買について、現時点で売買取引を決定するものです。
現時点では設定された日時での価格や数量の取引の約束だけをしておき、設定された日時に売買を行います。

この取引で予め価格を設定してしまう事で、市場の影響により価格変動を起こす商品の価格変動リスクを抑える事が可能となるのです。
次に、この先物取引には買いのリスクコントロールに使用されるものと、売りのリスクコントロールに使用されるものがあります。

将来商品を購入する予定があるけれども価格が上昇する確率が高い場合は買いヘッジを行い、将来売却を行う予定があるけれども価格が値下がりする可能性が高い場合は売りヘッジでリスクコントロールを行います。

このように、商品先物とはリスクヘッジに活用される側面があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ