金利先物取引とは、金利を取引対象とした金融先物取引の一種

金融取引の対象になる商品には、様々な性質のものが取り揃えられています。
基本的には、各国の情勢が影響することがほとんどなのですが、なかには影響を受けにくいものもあれば、特に影響を受けやすいものもあります。

そして、金利先物取引は、国内外の関連する情勢の影響を受けやすい取引といえます。
取引の対象となる商品が情勢の変化や浮き沈みによって現に影響を受けている経歴があるからです。

一般的に金利先物取引とは、金融先物取引の一種ということまでは認識されていますが、具体的な取引内容などについてはあまり知られていないことも多いです。

理由としては、取引を利用するのが一般の個人投資家ではなく、企業や金融関連会社であることが多いからといえるでしょう。
また日本の経済状況により、金利先物取引の取り扱いが狭まってきていることも要因に挙げられます。

先物取引では、契約が交わされる際に指定の価格を決めることができますが、金利先物取引の場合は、金利が取引対象となるため、一般の先物取引の契約価格が金利でやり取りされるのです。

海外では比較的活発に行われている取引ですが、日本では海外の金利を対象にできる取引があるものの、あまり活発化しているとはいえません。

日本の経済状況の不安定さや悪化によって、事実上日本円金利の先物取引は休止状態に陥っています。
しかし、利用できない先物取引ではないので、金利先物取引を取り扱う限られた取引所でなら取引することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ