小麦は世界中で需要が多く、当然ながら先物取引市場でも活発に売り注文と買い注文の応酬が行なわれています

世界三大穀物の一つと言われている小麦は、当然ながら世界中から需要があり、今世界で最も生産量の多い穀物としても知られています。
日本においても、小麦粉を使った料理は数多くあり、パンやうどんといった日本人がよく口にしている食材に使用されているのです。

需要が多いということは、当然小売価格が高くなってしまうと思われがちですが、世界中で大量生産されている食材なので供給量が多く、小売価格は決して高くはありません。
むしろ、米などに比べると安いという販売店が一般的です。

世界中で需要が多いということは、当然ながら先物取引市場でも活発に売り注文と買い注文の応酬が行なわれており、頻繁な乱高下とまではいかないものの、あまり取引価格が一定水準で進行していかない商品として認識されています。

これは穀物全般に言えることなのですが、その年の天候などによって収穫量が変わってくるような主食の原材料は、短期間で取引金額が大きく変わるのです。

つまり、今年はあまり収穫が見込めないと投資家が判断した段階においては取引金額が一気に上がることが予想され、逆に豊作が予期される場合には取引額が下がっていくという数値変化が発生します。
このような要因から、ある意味情報収集がとても行いやすい先物取引商品だと言えるでしょう。

しかし、一つだけ注意しなければいけないのが、日本国内では小麦の価格を国が管理しており、日本の先物取引市場では取引が行えないので、外国の先物関連も取引が可能な証券会社を探す必要があるということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ