一般投資家にとっての商品先物取引協会の重要性

商品先物取引市場に参加する一般投資家にとっては、先物取引業者の選定は色々と悩むところですが、中には詐欺業者なども存在しており騙されないためにも事前にある程度の業者のチェックをすることは非常に重要なことです。

日本における商品先物では、その点でまず簡単に正規の業者かどうかを確認する方法として、商品先物取引協会に登録されている業者かどうかをチェックすることが挙げられます。

日本商品先物取引協会は、商品先物取引法に基づく特別の法律に基づく法人であり、同時に商品取引所法に基づく商品取引員を会員としており、一般投資家にとってはこの協会会員との取引が正規の取引かどうかを判断できるポイントになっています。

商品先物取引協会の会員ではない取引員業者は、詐欺業者の疑いが強いので取引をしないようにすることで、詐欺などのリスクを回避することができます。

同時に取引員との取引の中で、どうしても納得いかないことやトラブルなどが生じた場合には、その内容を投資家は取引協会に申告して、判断を仰いだり処置を取ってもらうことも可能です。

実際には、取引の中での取引員業者の外務員とのやりとりなどで、外務員が禁止事項に触れた勧誘を投資家に対して行った場合などに、その内容を証拠立てて申告することで、取引員業者とのトラブルを解決することもでき、先物取引協会は、投資家のリスクを最小限に抑えて安心で安全な商品先物取引の発展に寄与しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ