先物mini取引は証拠金取引で、小額の自己資金でも取引が行え、短期的に大きな収益を上げる事も可能です

先物取引は金融派生商品の一種です。
この金融派生商品はデリバティブとも呼ばれ、株価指数、商品、為替予約などから成る先物取引、株価、金利、通貨などを扱うオプション取引、金利や通貨を扱うスワップ取引の3種類があります。
この中でも私達の身近な商品を扱うものが先物取引です。

この先物取引とは将来の商品の売買について現時点で取引の数量や価格を決めてしまうものです。
そして約束の期日に売買を行います。

これは市場での価格が不安定な商品のリスクをコントロールするために用いられるもので、この先物取引を行う事により市場での価格変動のリスクを抑える事が出来ます。

そして、この先物取引は投機的、つまり積極的な売買で利益を上げる事を目的とした手法としても活用されています。
この先物取引には取引単位が10分の1のミニ取引があります。

この先物mini取引の基礎知識にとして、まず最初に、この先物mini取引は証拠金取引でしょう。
一定の証拠金を担保にする事で取引額の全額を用意する必要が無いために、小額の自己資金でも取引が行え、そのため、短期的に大きな収益を上げる事も可能です。

このmini取引では取引に必要な証拠金が10分の1になります。
また、この先物取引では売りからもエントリーできるために市場の下落している局面でも利益を上げる事が可能です。
このように先物mini取引は大きな額の取引を行う前の練習には最適な取引です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:先物取引

このページの先頭へ