新日本証券からみずほ証券株式会社へ合併、商号変更しています。

「新日本証券」は、1967年3月に大商證券株式會社、玉塚證券株式會社、山叶證券株式會社3社の合併により発足されました。
東京・大阪両証券取引所市場に上場するなどしていましたが、2000年の4月に、和光証券株式会社との対等合併により、「新光証券株式会社」として新たに生まれ変わっています。

「新日本証券からみずほ証券株式会社へ合併、商号変更しています。」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本株式新聞社の投資手帖は投資家の必需品

株式会社日本株式新聞社は、東京の日本橋茅場町に本店を置き、日本証券取引所のある兜町に近い位置にあります。
創業が1957年と歴史も古く、投資情報誌である月刊「投資手帖」を発行し、投資家の堅実な資産運用をサポートする会社です。
購読料は月730円で、1月号のみ780円ですが、定期購読にすると送料が無料になります。
金利の上昇が望み難い最近の状況下では、株式投資に人気が集まっています。

「日本株式新聞社の投資手帖は投資家の必需品」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

ネット証券や投資優遇制度で活況を見せる日本の証券会社

日本の証券会社は、現在では実店舗で営業を行なって対面販売によってコンサルティングを行いながら投資の相談やアドバイスをする旧来型の会社の他に、インターネットで証券取引を行うネット証券の会社と2つの形式があります。
旧来の会社に関してもインターネット取引を導入しているところが多いですが、ネット証券だけに特化した会社がインターネット専業の証券会社です。

「ネット証券や投資優遇制度で活況を見せる日本の証券会社」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本の株の評価は外国人が決めている

日本株であれば、日本人が株価を左右していると思っている人が多いのではないでしょうか。
ところが実際は、日本の株を買っている人の多くは外国人投資家だったりするのです。
日本の株式市場の6割は外国人投資家の売買によると言われていますので、つまり、半分以上は外国人によるものだということになります。

「日本の株の評価は外国人が決めている」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本興銀は、現在のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行の前身

日本興銀とは、かつて存在した日本興業銀行のことを言います。
旧富士銀行、旧第一勧業銀行とともに、現在のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行の前身であり、長期信用銀行法に基づく長期信用銀行でした。
ワリコーやリッキーなどの金融債を発行して、重工業などの企業の長期資金融資を主な業務とし、日本長期信用銀行と日本債券信用銀行の2行を抑え、長期信用銀行の中のトップの地位を占めていました。

「日本興銀は、現在のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行の前身」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

株式会社日本銀行の特徴とその機能

株式会社日本銀行とは、日本銀行法に基づく認可法人で、我が国の中央銀行です。
1882年に設立され、本店は東京都中央区日本橋本石町にあります。
株式会社日本銀行は、政府から独立した法人であり、資本金は1億円で、出資者は、公的資金が55パーセントの5500万円、民間資本が残りの45パーセントの4500万円です。

「株式会社日本銀行の特徴とその機能」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本銀行株は、株券というよりは、日銀法という法律に基づいて発行されている出資証券

日本銀行株は、ジャスダック株式市場に上場していて、銘柄コードも存在するのですが、通常の売買ができる訳ではなく、株券というよりは、日銀法という法律に基づいて発行されている出資証券で、日銀と出資者間での取り扱いです。
出資証券は普通の株券とは違うため、株主議決権はありません。

「日本銀行株は、株券というよりは、日銀法という法律に基づいて発行されている出資証券」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本銀行は株式市場に上場している

日本銀行という名前は、誰でも1度位は聞いたことがあると思います。
この銀行は、お金を作って発行している所であり、普通の銀行と違って一般からの預金を受けつけているということはありません。
ですので、日本銀行のホームページにアクセスしても、他の銀行のホームページには見られる口座開設に関するお問い合わせといったリンクはないです。

「日本銀行は株式市場に上場している」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本株投資は資産運用の方法の一つ

日本株投資は、数ある資産運用の方法の一つです。
日本株への投資については、一般個人の投資家から外国人投資家、国内外のファンドなど多種多様な投資資金が集まっています。
国内の株式相場で、そのシェアが最も高いのが外国人投資家です。

「日本株投資は資産運用の方法の一つ」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

日本興行は、国策銀行として発足し、最終的にみずほ銀行に吸収されました

かつて、日本興行という銀行がありました。
正確に言うと、日本興業銀行、略して日本興行あるいは、興銀と呼ばれていました。
その起源は1897年にさかのぼり、国策銀行として発足したのが始まりです。

「日本興行は、国策銀行として発足し、最終的にみずほ銀行に吸収されました」の続きを読む

カテゴリー:新日本証券

このページの先頭へ