日本ホテルファンド投資法人が合併により得たものとは

ホテルや旅館に投資するホテル特化型の不動産投資信託は、分配金の原資が投資先の宿泊料になる為、客足が分配金に影響します。
つまり、景気変動に左右されやすい不動産投資信託だと言えます。
しかし、住宅やオフィスなどへの投資信託は就労・定住人口に影響されやすいのに対し、ホテル特化型ならば交流人口を取り込めるので、それらの影響は比較的小さくなります。

「日本ホテルファンド投資法人が合併により得たものとは」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

インデックスファンドの仕組み

およそ20年前の日本の預貯金の金利は非常に高く、8~9%もの利子が付いていました。
しかし、バブルの崩壊により陥った金融危機により経済活動は低迷し、現在もなお低金利の時代が続いています。
このような時代背景に伴い、お金は貯蓄から投資へと考え方が代わり、資産運用を始める人が増加しています。

「インデックスファンドの仕組み」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

日本のファンドで資産形成しませんか

将来への備えとして資産形成を考える人は多いですが、資産形成にはまず、自分の資産の現状を把握する事が必須で、先月と今月、去年と今年といった様に資産状況を比較して自分のお金が増えるペースを知る事が大切になります。
資産形成の為には投資商品の活用が効果的ですがまだまだ一般的ではなく、投資商品にはリスクがある事は事実ですが、上手く活用すれば効率良くお金が育てられます。

「日本のファンドで資産形成しませんか」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

様々な特徴を持つ不動産投資ファンド仕組み

日本国内では、特にJ-REITと呼ばれる不動産投資ファンドが最近注目を集めていますが、その仕組みとはどのようなものでしょうか。
不動産投資ファンド仕組みは、基本的に不動産投資法人という会社が販売する投資証券を買うことで投資家は投資を行い、資金を基にこの法人が不動産などに対して投資を行うものです。
そして、購入した不動産の賃料収入や物件の売買による利益を投資家に分配します。

「様々な特徴を持つ不動産投資ファンド仕組み」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

ベンチャーキャピタルファンドとは

ベンチャーキャピタルとは、成長が見込める未上場企業のベンチャー企業などに対して投資を行っている会社及び資金のことです。
ベンチャーキャピタルによって行われる投資は、未上場企業に自己資金を投資する形と、投資事業組合を設立して投資を行う形があります。
この投資事業組合をファンドと呼び、投資家から資金を募り出資先企業に資金を提供しています。

「ベンチャーキャピタルファンドとは」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

投資ファンドを選ぶ際の参考資料としてランキングを活用する提案

日本で個人の購入可能な投資信託は全部で3000本を超えて存在し、そこからどの投資ファンドを購入するか決めるのは容易ではありません。
投資信託を選ぶ際の判断基準として人気や運用成績ランキングを参考する人は多く存在し、窓口での営業もその様な記事を元に勧められる場合もあります。
人気ランキングは現在の純資産高や資金流入額で順位付けされており、どの投資ファンドが沢山売られているのかが一目で把握でき便利です。

「投資ファンドを選ぶ際の参考資料としてランキングを活用する提案」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

プライベートエクイティファンドとはどんなものか

プライベートエクイティファンドとは、未上場企業に対して株式の取得といった投資を行い利益を上げる投資商品や、このような投資を行っている主体を指す場合が多いです。
その内容は、投資対象企業の経営陣と協力をすることによって、資金提供を行うだけでなく、企業が行っている事業の成長戦略や事業計画の策定など経営に積極的に参加し、企業価値を高めるのが最大の目的となります。

「プライベートエクイティファンドとはどんなものか」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

ファンド会社とはどのような役割を持った会社か

ファンドとは、複数の投資家から募った資金を投資に使いその収益を分配する仕組みで、投資の対象は数種類あります。
まず、公開株式や公社債に投資する伝統的ファンドとその代替資産にした不良債権や未公開株式、不動産への投資となるオルタナティブ・アセット投資に大きく分けられます。
さらに、オルタナティブ・アセット投資についても、ディストレス・再生・バイアウト・ベンチャー・不動産に分けられます。

「ファンド会社とはどのような役割を持った会社か」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

プライベート・エクイティ・ファンドとその役割

プライベート・エクイティ・ファンドとは、他のファンドと同様に複数の投資家から資金を集め、運用会社のファンドマネージャーが事業会社に投資し、その企業の経営に関わることで投資先企業の企業価値を高めた後、売却した利益を投資家に分配するものです。
プライベート・エクイティの本来の意味は未上場株式を意味し、一般的には未上場企業への投資を行うベンチャーキャピタルや、既存の企業の過半数の株式の取得を通じて企業の経営権を取るマネジメント・バイアウトといったものも含みます。

「プライベート・エクイティ・ファンドとその役割」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

ワイズパートナーズ投資ファンドの内容

ワイズパートナーズ株式会社は、2006年に設立されたプライベート・エクイティ・ファンド、いわゆるPEファンドを行っています。
国内にある独立した投資信託運用の代表格と言える会社で、日本国内にある中・小型の案件に尽力し、同社自ら投資企業の事業経営に深く参画するハンズオン型ファンドです。
PEファンドとは、「未公開株投資」または「私募発行株式投資」などと呼ばれており、投資先によって4つのタイプに分けられます。

「ワイズパートナーズ投資ファンドの内容」の続きを読む

カテゴリー:投資ファンド

このページの先頭へ