アメリカ株が買える証券会社について

株を利用している人は多く存在しています。
株とは企業が事業資金を調達するために発行しているもので、投資家が株を買ってくれた資金などを利用して事業を拡大していきます。
株を買うということは、株を発行している企業に出資を行い、事業資金を提供していることになります。

大きな特徴としては買った株を第三者へ転売できることで、この株は日本だけではなく海外の企業でも販売されています。

アメリカ株で有名な会社ですと、ネットで検索する時に使用しているGoogleやソーシャルメディアサービスを提供するFacebookや、ネットでショッピングを行う時に利用するAmazon、iPhoneやiPadで有名なAppleといった身近な会社があります。

他にもありますが、このようなアメリカ株を日本で購入したいと思う方もいるでしょう。
アメリカの投資信託や米ドルMMF、アメリカの金融商品の購入を考えている方は、まずは取り扱っている証券会社の口座を持つ必要があります。

日本では、株式、投資信託、外資MMF、ETFの商品全てを取り扱っている証券会社があり、マネックス証券、楽天証券、SBI証券のいずれかにまずは口座を開設します。

取引の際には手数料が発生しますが、金融機関によって異なりますので事前に問い合わせておきましょう。
アメリカは日本の株式市場と違い、値幅の制限がありません。

ストップ高ストップ安がないので、1日でどこまでも株価が上がりますし反対にどこまでも下がります。

また、取引時間は現地時間になるので、日本時間で見ると夜中の11時半くらいから朝方6時くらいまでとなるなど、日本とは違う部分も多々見られますから覚えておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ