日本の証券会社からも投資ができる米国株

現在でも世界一の経済大国である米国には世界的な企業が多くあり、こうした大規模な企業の株式も日本の証券会社から購入することが可能です。
米国株を購入するにあたって知っておきたいことと言えば、手数料の他に為替スプレッドがかかるところでしょう。
米国の株を購入する時には日本円で購入できる会社もありますが、実際の購入は米ドルでされることになります。

その時の為替レートに購入時には加算され、売却時には減算されるのが為替スプレッドです。
為替レートは場合によってリスクにもなり、米国株を持っている時に円高ドル安になったケースでは為替による損失を受けることになります。

為替レートについては利益になることもありますが、米国株に投資をする際には十分に為替市場にも注意をすることが必要です。
日本の株式市場との違いとしては、日本のようなストップ高やストップ安という値幅制限が無い点が挙げられます。

また、売買単位も存在しないため、証券会社にもよりますが1株単位で購入することが可能です。

米国には世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所とベンチャー向けのナスダック、金融商品などを取り扱うアメリカン証券取引所があり、取引時間は現地時間で9時30分から16時になります。

日本時間では23時30分から6時となりますが、サマータイムの時には1時間早くなります。
このような米国株や市場の特徴をしっかりと捉えた上で、これからの成長を十分に見込むことのできる米国への投資を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ