証券会社で始める日経225先物

先物取引と言うと、金や原油の商品を対象にしたものをイメージする人も多いのではないでしょうか。
しかし、金融指標などが対象の取引もあり、証券会社で多く扱っているのが日経平均株価を元にした取引です。
それが日経225先物と呼ばれる商品で、特徴としては、証拠金を預けることによって通常1,000倍もの取引ができるレバレッジ効果を持っています。

そのため、日経平均が15,000円の場合には1,500万円の取引をする形になり、手数料を考慮に入れなければ日経平均が1円上がる毎に1,000円の利益を得ることが可能です。

相場の上昇時に利益が出るのは買いから入った場合で、相場が下降すれば逆に損失が出てしまいますが、この商品の場合には相場が下がると思えば売りからも入れます。

ですから、相場が下降傾向にある場合にも投資のチャンスがあり、利益を上げられるのです。

こうした1,000倍のレバレッジは少し怖いと感じる人のために、指数の100倍で取引を行う日経225miniと呼ばれる金融商品も発売されており、双方共に投資対象は日経平均株価と同様ですが、呼び値と呼ばれる取引単位が異なります。

日経225先物は10円単位で取引できますが、日経225miniでは5円単位です。
さらにこれらの商品は、長期的な運用ではなく限月と言われる満期が設定されており、この設定も双方で違う点に注意して下さい。

証券会社の中には、こういった先物取引に力を入れている会社も多くあるので活用してみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:証券会社

このページの先頭へ